西湘アメノヒFC&西湘ライフキネティックが目指すスクール及びジュニアのサッカーとは?

代表澤田個人の考えになります。

今の小学生は本当に上手い!上手いというのはボールタッチ・リフティング・ドリブル・シュート等の技術が上手いということです。それはサッカーが上手いとは違います。
逆に決断力がない子が多いと思います。子どもたちの決断する機会が減っているのではないでしょうか。

サッカーは個人スポーツではなく、団体スポーツです。全員で自分たちのゴールを守り、全員で相手ゴールを目指します。得点を取ったら全員で喜び、楽しむのがジュニアのサッカーだと思います。
私たちはスクールなので、勝てるチームを作るのではなく、どこでも楽しむことができ、サッカーが上達するように選手をサポートすることです。それは、4・5人を抜いてゴールを奪える選手を育てるわけではありません。

私たちはサッカーが上達できる方法を確立していますので、それを感じさせることができます。考え方は人それぞれなので、ここではその方法を記載しません。
走る理由・サポートする理由を選手と一緒に考えて、全員が意見を言える雰囲気を作り、全員が考えることができる練習を取り入れています。決して中学生・高校生・大学生・大人の練習は行いません。

私たちは方針に従わない選手を教えないということはありません。私たちの考えとは違う意見を言った時選手を褒めます!サッカーを考えている証拠だと思うからです。そして、意見を言うことは勇気がいることです。方針に従わない選手を怒鳴る・補欠にする指導者はたくさんみてきましたが、本物の指導者は方針に従わない選手や問題児と呼ばれる選手を成長させることだと思います。そのような選手を含む全ての選手を自分の子どものように接する、それが代表澤田です。

練習の成果として、体が自由に動くようになり、誰よりも早く動き、様々な選択肢から決断できる選手になっていきます。
【サッカーが上手い】頭の良い選手になるように全力でサポートしていきます。それが私たちの目指すスクールです。

そして、ジュニア個サルや遊びのメニューは、サッカー上達の技術を身につける最も最適な方法だと思います。普段の緊張感ある練習・試合とは違うため、余裕な時間から生まれるプレーがあります。これがジュニア個サルを開催する理由です。

代表 澤田直輝